読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nvxs-1.0.1とImager::AnimeFace-1.01

nvxs-1.0.1.tar.gz
Imager-AnimeFace-1.01.tar.gz

MacOSや最新でないgccでのビルドの不具合と64bit Linuxでのバグ修正が入っています。
機能的には変わっていないので、すでにインストール済みで動いている方はアップデートは不要です。
インストール手順としては、CLAPACKの項目が不要になって、

  1. nvxs-1.0.1のインストール
  2. Imagerのインストール (入ってない場合)
  3. Imager::AnimeFace-1.01のインストール

となりました。

nvxs-1.0.1.tar.gz

  • MacOSで内容の違うlibblasがシステムに存在していることやFORTRAN用のライブラリなどと混乱が生じするため、CLAPACKをパッケージに含めた
  • SSE2オプションの自動判定
  • --enable-openmpオプションの追加
  • 64bit LinuxでCLAPACKのinteger型が8バイトになることへの対応

./configure && make でCLAPACKのコンパイルとリンクまで行うようになっています。
CLAPACKのSECONDのテストがたぶん失敗しますが心配はありません(らしい)。
./configure --enable-openmpOpenMPが有効になります。OpenMPにはgcc 4.2以降が必要ですが、単純にCPUのコア数倍速くなるため、マルチコアCPUや複数のCPUが使える環境では有効にしたほうが得です。(古いOSのスケジューラーだとスレッドをコアに割り振れないことがあります)
推奨動作環境は、CPU 3GHz クアッドコア以上です……。

Imager-AnimeFace-1.01.tar.gz

不要になったリンクオプションを消しています。

なにかあれば……

ブクマかトラバかコメントかメールまで。

注! (2009/4/19)

2009/4/19 20時より前に公開されたバージョンはしくじっていました。20時前にDLした方は取り直してください。