-v1 オプション

求めていたのに気づかなかった。不思議。

-v1            D language version 1

これで、構文だけは安心して使えるのかな。